看板投票システムについて

当ウェブサイトは各事業者ページに、ユーザーによる看板への投票システムを備えています。是非お気に入りの看板を見つけて投票してみてください。

pointを+1する

公式facebook

  1. 京都かんばんねっと
  2. 看板を探す
  3. 株式会社 永楽屋 本店

Detail

株式会社 永楽屋 本店カブシキガイシャ エイラクヤ ホンテン

優秀賞・特別賞

25

Point

Pointを+1する

創業者 齋田永三郎の書

からいもの(佃煮)とあまいもの(菓子)を取り扱うお店です。
それぞれに「一と口椎茸」、「琥珀」を筆頭に、ご好評を頂いている数々の商品がございます。
相対する組合せですが双方を取り扱うお店は全国でも珍しく、弊店の歩みは日本人の食生活に欠かせない「米と茶」が引き合せてくれた巡り合せでございます。お客様と京都の街、そして和を尊ぶ日本人の心に育てて頂きました。

住所 京都市中京区米屋町388-3
電話 075-221-2318
FAX 075-221-5170
営業時間 10:00~20:00
定休日 水曜日不定休
アクセス 阪急河原町駅下車徒歩すぐ、京阪祇園四条駅下車徒歩5分
E-mail [javascript protected email address]
HP http://www.eirakuya.co.jp/
携帯電話にアクセスマップを送信

クリックするとお使いのメールソフトが立ち上がりますので、
携帯・スマートフォンにメールをお送りください。

看板に対する想い

創業者・齋田永三郎の書。終戦当時、食べることがままならない世の中を憂い、古都・京都から人々に笑顔になってもらえるような食文化を発信することを思い楽味・洛味から「永楽屋」という屋号を興しました。 永三郎は三男でしたが、父・永浦(えいほ)の「永」の字を継いだのは永三郎ただ一人。永三郎、五十五歳を過ぎての開業。当時の日記に「齋田家十一代の血統を得たりき、向後益々発奮奨励すべきなり」と記し、恐らく自身にとって最後の業となるであろう事を胸に描いた、屋号に対する強い想いが現れた書です。

事業者の方へ

こちらでは、補助金制度など新たに看板等を設置する事業者の皆様に役立つ情報をご紹介いたします。

  • 看板施工業者を探す
  • 補助金制度について
  • 融資制度について
  • 許可申請の流れ
  • 京都市情報館
  • 京都観光Navi
  • 歩くまち京都
  • 京広美ホームページ
  • 公益社団法人京都デザイン協会
京都市 都市計画局 広告景観づくり推進室
〒604-8101 京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65 京都朝日ビル10階
TEL:075-708-7690